amerock730441 URAMIYA BLOG 2010年07月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずい、
シルバーシートに座ってたもんだから、
その罪悪感からか、


人が乗ってきた瞬間、
まだ50くらいの若作りしたおばちゃんに、
席譲ろうとしてしまった

(あれ?この人若いぞ?)
頭ではわかってんのに、
後戻り出来なかった

失礼しちゃうわ的な顔で首を横に振った
スポンサーサイト
出番前カラオケで衣装に着替えたり練習したりするんだけど、
トイレの横の洗面所で髪セットしてたら中学生くらいのかわいいこが入ってきて、
ごめんねどうぞって譲って、その子トイレ使って出ていったと思ったら、また洗面所に戻ってきて、
「芸能人ですか?」
「いや違います」
「えっなんなんですか?」
いやなんなんですかて
「いや、あの‥公務員」
「えっホストですか?」
「いや違うって」
「え、なんなんですか?マジシャンですか?」
仕方なく
「お笑いお笑い」
「え!なんて名前ですか!」
「売れてないから知らないと思うけど、AMEMIYA」
「AMEMIYA!」って期待に胸膨らませた顔で一回外出てって、
「AMEMIYAだって。うんうん」
どうやらお友達たちと相談。
戻ってきて
「知らないって」
そりゃそうだろ!
もっかい出てって
「うんうん」
また入ってきて
「売れてくださいだって」
大きなお世話や!
わざわざありがと!
まだ振込先詐欺なんて言葉も蔓延してないころ、
沼袋で下宿してる俺にお袋から電話がかかってきた。

「山梨のおばあちゃんに10万円貸してって電話した?」

どうやらおばあちゃんにそんな電話がかかってきて、名乗らない相手をたくさんいる孫の中から俺って思ってくれたらしい。

そしていついつ取りに行くからって話になって、おばあちゃんは用意してくれてたらしい。

その日が来たのに取りに来ないから、おばちゃんに事情を話してお袋に確認して俺に電話が来たと。

もちろん俺じゃないし、その金の無心に来たやつを俺と俺と思われる俺って‥(笑)。

昨日の夜中、いやもう朝方、
突然警報のようなサイレンのような、聴いたことのないようなけたたましい音がした。
UFOが着陸したような、地球外生命体の鳴き声のような、
まるで宇宙だった。
そこで目が覚めた。
夢を見ていたんだ。
でも警報は鳴り止まない。
ふと窓際を見た。

その音は愛猫しぇるが発していた。
こんな声聴いたことない。

音は重複していて、
何匹もの猫が発しているようだった。

ていうか俺にはそう見えた。
しぇるの後ろ、窓越しベランダに、2匹くらいの猫の姿が。

寝ぼけていたのだろうか。

しぇるじゃないみたいだった。
まるで宇宙だった。

俺は恐ろしさのあまり絶叫した。

しぇるも絶叫した。

興奮のあまり緊張した面もちで変な声を出し続けていた。

始めてシャー!フーッ!って威嚇してきた。

しばらくして落ち着いた。

俺はすぐに携帯で調べた。
こんなときにPCはネット不通で。


回答は得られなかった。
発情ってやつなのか。


どうやら複数の猫ってのは勘違いで、しぇるのみで発していたようだ。

なんなんだろうか。

避妊済みなんだけど‥。

威嚇等の行動は、俺の絶叫にびっくりしちゃったんだろな。


今朝は寝不足だった。

すごい鳴き声だった。
カラオケで稽古中、ギリギリまで録音したいから、10分前にわざわざこっちから受付に電話して、延長はしません、出ますと連絡した。
コールが鳴ると台無しだから。
よし、ラスト集中して録音だといい感じでいけてた矢先、

「トゥルルルルル!トゥルルルルル!」

「‥はい」

「お時間10分前ですけど。延長しま」
「出ます。さっき言うた」

「あ、すいません」
ガチャン


うおー!!
 
アメブロはじめました
※このFC2ブログは非公式ブログです AMEMIYAオフィシャルブログ

SSW芸人AMEMIYAの、
オフィシャルブログがOPEN!
AMEMIYAの基本的な日記はアメブロに更新!
カテゴリ
お客様
private
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。